ログインすら久しぶり

えぞはるせみです。

相変わらずの放置っぷりですがもっとうまい具合にやって行きたいものです。
デザインもですがもっと根本的に見やすさを追求して行きたい今日此の頃…

写真のアップロードをもっと手軽にやりたいものですが
外部からの呼び出しに頼らざるを得ないので、サービス終了
ならびに変更があった場合に一気に表示されなくなる問題が
たいへん悩ましいところです。

この世に不変なものなんてありませんから受け入れないといけませんが
なんとも悩みます。
さて、今回ちょっと市の広報を見たところ
私には驚きの内容が記載されておりました。

「赤山歴史自然公園」

なんと、わたしがよく行っていた毛長川源流付近の荒地が
自然や地域の産業である植木を主題とした公園となるようです。

私としては嬉しい半面、見知った景色がまた一つ変わってしまうので
少々複雑な気分ではありますが。




この写真はまさに予定地になっている場所のもので
未舗装の荒れた道こそあれどまずここを通る人は
未だかつて見たことがありません。

ここがどう変わっていくのでしょうか。
環境に配慮して事業を進めると言ってますが…。

そして元よりここはまず知名度が低いのですが

埼玉県立安行武南自然公園


という自然公園の指定を受けている地域なので
それこそ乱開発などの恐れは非常に低いですが
現代の公園ですからそれこそ小奇麗に整備されそうです。

また資料では水源がどうのということにも触れられていました。
これはまさに毛長川の水源の一つではあるわけですからね。

ただどこまで開渠にされるか、暗渠が多用されないとは
言い切れないため現在の光景は見納めになってしまうのではと
予想をしています。



こんな水路が走っているわけですが
いずれは消える・消えなくとも変更となる可能性は十分
あるので、見るなら今ですね。完成するまでの間工事が
始まれば途端に入れなくなりますし。


ちなみにここの水路周辺は非常に地盤が緩いです。
ここの目の前に在住の方のお話では、現在調節池として
活用しているこの場所は、北側は植木の畑で、
南側は水田だったということです。

この南側の水田の跡地は今後駐車場となるようです。
公園付帯の火葬施設の…

なもので、なんとも複雑な思いであるわけです。

今のうちに悔いのないようたっぷりと見ておきます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。