お部屋にもLED

先日電車用のLEDを取り上げたばかりだけど、ついに自宅用にLED取り付けました!
地元の駅前にあるホームセンターでついに1000円を切る980円で販売中。
ついに普及への新たな第一歩を踏み出した感じねぇ。

まずは実験用にトイレの電球ソケットに付けてみた。
ん、だいたい明るいけどいつもより暗い…かなと思い電球を見たら…
それもそのはず、トイレにもとからあったのは60W電球で
今回買ったのは40W相当なので、当然といえば当然ですねw

でも、今回の60W相当のにすれば十分今までのと同じ明るさになることが予想できる
明るさだったから、今後安心して買えそうです。


トイレも廊下も電球が切れてないので、しばらくLEDは私の部屋用として使用することに…
というかもう完全に私物ですがww

今まで部屋の電灯の影になってしまい暗かったPCデスクの補助照明として使用することにしたら、
これが思いの外大成功。LEDならではの素晴らしい性能が存分に発揮されてます。
1.すぐに100%の明るさになる
PCデスクは窓に近く気温が低いことがよくあるのに、蛍光灯みたいに最初暗くてあとから明るく…
ではなくはじめから明るく非常に快適な明かりです。
2.点滅に強い
以前は電球型蛍光灯のクリップライトを使っていたけど、ON・OFFしているうちに電極近くの蛍光管内に
黒ずみが出てきたので、おそらくもうすぐ寿命… LEDはそういう心配がなくて使いやすくなってます。
3.熱をあまり持たず安全
デスクライトなので、人間と電球の距離が非常に近いわけです。そうなれば、電球の向き変えるとき、
あるいはちょっと手を伸ばしたときにあわやってっこともあるわけですが、
LEDは点灯面が全然熱くないのです。点灯面より向こうのフィンのようになっている部分は少々暖かですが、
熱いほどじゃなく、少しくらい触れてもやけどする熱さじゃないです。
点灯中ずっと握ったりしなければ全然問題がないくらいです。

環境によって向き不向きがあるLEDですが、私の部屋にはすんなりと溶けこんで
今やお部屋の一部となっています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。