ようこそ

  • Day:2037.12.31 23:59
  • Cat:一般
せみのひとこえへようこそ。

カメラいじるのが無駄に好きで、気づけば写真はたまる一方。
でもほとんどねかせたままなのも勿体無いので、ここにぺたりと貼ってみます。

なんて言いましたが
たまに動画やイラストが上がったりするかもしれません。
かと思えば心のつぶやきを書いたりなんてこともあったり…

暇つぶしに(なれば)どうぞ。


Read more...

スポンサーサイト

寒さに震えつつ…

  • Day:2012.11.03 03:32
  • Cat:一般
いつもお世話になってます、えぞはるせみです。

あまりに投稿しすぎずにいてもうお忘れの方もいらっしゃる(というかココを見てないかも)
とは思いますが、たまたま読んでくれたあなたには感謝申し上げます。

まずはブログの近況といたしましょう。
現在「稲付川」を執筆中です。これはやめることなく続けますがお時間だけは頂戴します。

というのもですが、最近様々な他のサイトやブログなどを拝見してますが
みなさまレイアウトに工夫をこらされてますね。

私のように写真にただ文章を付けてハイ終わりじゃなく趣向を凝らされていて
見て楽しませるなぁと思った次第です。

一部でそのようなレイアウトを試験的に導入中ですが、ちょっとまだ勉強させてくださいませ。

Read more...

放置・・・

  • Day:2012.01.25 03:26
  • Cat:一般
こ れ は ひ ど い

ここまで放置しちゃうとはイカンですね。
生存報告と近況報告と行きますか。

今年になってはじめて青春18きっぷなるものをつかってみました。
あの日本全国のJRの普通列車が乗り放題ってやつです。

始発列車で出て終電まで乗りまくるって使い方がまぁよくある方法ですね。
鈍行でも東京から青森行けちゃったりしますし、けっこう遠くまで行けるものです。

時に、いっくら乗り継いでもまわりが同じ顔ぶれ・・・なんてこともあるわけですねw
考えることはだいたい一緒ですもんね。

そういう使い方もいいんですが、ここはひとつ鈍行でのんびり…
寄り道しながらというのも乙なものです。

今回は東海道線をずーっと下ってみる途中で
伊東線や飯田線、また武豊線に寄り道してみたりと
ただ通過するよりもいろいろ見られたのが収穫となりました。

こういった温暖な太平洋側のほか、その後日本海側の大雪を味わったり
筒石駅・土合駅という日本屈指のトンネル駅を訪れたりと実りある旅となりました。

18きっぷ、今後もこれはぜひとも活用したいものです。
次のシーズンが待ち遠しく思えます。

トレインネット

  • Day:2011.10.14 01:00
  • Cat:一般
今、山手線で非常におもしろい実証実験が行われています。
その名もトレインネット、列車内で無線LANを通じてスマートフォン向けに情報を配信するサービスの実験が、山手線列車1編成を使って行われています。

当該編成はトウ524編成で、この編成11両すべての車両において利用することができます。運用は外回りだったり内回りだったりと決まっているわけではないものの、スマートフォン用のアプリを起動させると、当該車両がだいたいどの位置にいて、どの方向に進んでいるのかを確認することができます。

先日たまたま気になって調べてみたところ、ちょうど次の列車が実験車両だったので、目の前にいた列車を1本やり過ごして待ってみることとしました。

ほどなくして列車はやってきましたが、車体側面の出入り口脇には目立つようにステッカーが貼ってありました。


車内にも吊り広告などで目立つようになっているので、一目で実験車両とわかります。

さて、この実験で何ができるかと言えば、リアルタイムに列車にちなんだ情報が手に入れられること、車内モニタと連動した広告を表示できることがまず挙げられます。

列車にちなんだ情報、これは今まででも車内に設置されたモニタや電光掲示板で主だった遅延や運休を確認することはできました。しかしいつでも表示されているわけではなく、その時を見逃せば表示に気づかないこともあったわけです。それが個人の端末なので好きな時に確認することが可能となっているわけですから、すごいものです。


また、混雑の度合いや外気温ならびに室温など車内の状況が一目でわかるようになっています。これは今まで旅客に対して開示されていなかっただけに珍しくみえるものですが、これまでも乗務員が確認できるようになっていました。乗務員室をよく見ている一部のマニアさんあたりならしっていたかもしれませんね。

これを活用すれば空いている車両を狙うことも容易になってきますし、涼しい車両や寒すぎない車両がわかるようになるのです。ひいては一部の車両に乗客が集中してしまうことを防げるようにもなってくることと思うのです。

各駅への所要時間もわかります。あとだいたいどれくらいで着くのかがすぐわかりますし、駅の乗り換えにはどの位置が便利なのかもわかります。

これとあわせて、乗り換え駅では乗り換え先の列車の時刻まで表示されるのですが、これがまたすごい機能となっています。どうやら首都圏の列車管理システムと連携しているようで、時刻表とあわせて、列車の1分遅れまでしっかりと遅延として反映して表示してくれます。

はじめて使ってみたところ非常に将来の発展を望みたいと思えるものでした。現時点ではトレインネットにつなぐと外部ネットワークには切断するまで出られないのでそこだけは多少の不便を感じはしました。

なかなか快調な滑り出しのトレインネット、今後の実験から実用化が楽しみです、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。